萌建築設計工房

moea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 06日

放射能

f0040270_15173495.jpg

我が家の放射線量です。
放射能測定器 RD1706  毎時0.10マイクロシーベルト

日本の法律は国民の一年間の被爆量が1ミリシーベルトに達しないように定めています。
毎時0.114マイクロシーベルト以上で年間1ミリシーベルトを超える。

事故直後の暫定基準はこれに反し、内部被爆のみで5ミリシーベルトとしていた。
昨日の大飯原発再稼動も「暫定の安全基準」としていた。まったく、おかしな話だとおもう。
「暫定」って何なんだろう?
「暫定」の安全って?

放射能がなぜ怖いのか。

人間の大人は約60兆個の細胞でできていて、
その細胞が持っている「遺伝情報」はすべて同じ。
私たちの生命は、細胞分裂しながら同じ「遺伝情報」を複製して支えられている。

DNAは、ごく微量の電子エネルギーで結ばれている。
そこに巨大なエネルギーを放つ放射能がぶつかると、DNAは簡単に壊れる。
間違った遺伝子情報をもったDNAは、予定外の細胞を生む。これががん細胞の元になる。
細胞分裂が盛んな、胎児や子供が影響を受けやすいのは、このためによる。

いつの間にこんなに沢山の原発ができてしまったのだろう。
安全と騙されていた。けれど、騙された私にも責任がある。
知らなかった。けれど、知らなかった私にも責任がある。

東北に行った時、線量を測りながら移動した。
福島はやはり数値が高かった。
放射は見えないだけに、意識しないと忘れてしまう。

すべての原子力を放棄することはできないのだろうか。
議論をしてもいろいろな意見を持っている人が居るから、
結論が出ない、もしくはエキセントリックになる可能性もある。

エネルギー
太陽エネルギーがもっと簡単に使えるようになればいい。
太陽の光は平等に降り注ぐ。
太陽エネルギーの利用の技術を誰かが独り占めしなければいい。
これができれば、いろいろな争いがなくなるのに・・・
夢なのだろうか。
[PR]

by moe-kozue | 2012-04-06 16:08 | エネルギー


<< 脆性破壊 加圧水型原子炉      無農薬家庭菜園 勉強中! >>