萌建築設計工房

moea.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 55 )


2012年 02月 08日

冬の農業体験イベント みんなで剪定

f0040270_16244924.jpg

「森のわっこ」のイベントで、杏の剪定をしました。

f0040270_16255581.jpg

お天気にも恵まれ、剪定作業気持ちよく行いました。
剪定の仕方を教えていただき、みんなで枝の片付けをしました。

f0040270_16264736.jpg

剪定前の杏
一年せいの枝がツンツンと伸びています。

f0040270_16274814.jpg

剪定後の杏
違い、わかりますか?
一年生のツンツンした枝や絡んだ枝をを切りました。
すっきりしましたね。

作業を終えた後は、畑で暖かいトン汁をいただきました。
おいしかった!

f0040270_16283145.jpg

おまけ。
作業を終えて、中澤勝一建築の囲炉裏を囲んでご苦労会をしました。

春は花見、初夏は収穫と作業は続きます。
楽しみです。
[PR]

by moe-kozue | 2012-02-08 16:31
2009年 04月 08日

春・進行中!

f0040270_17412971.jpg

人生二回目の彩雲。
今回はあまりはっきりとした色彩ではありませんでしたが、
車からふと空を見ると、綺麗な虹色が見えました。
昔から雲は大好きなのですが、
その中でも彩雲はとてもラッキーな予感がします。

「眺望を生かした住まい」も無事に引渡しを終えました。

先月、ここで県産材利用の勉強会を行わせてもらい、
建築士の方が約20名集まり、とても良い勉強会になりました。
信濃毎日の記事です。
http://www.shinmai.co.jp/news/20090325/KT090324SJI090013000022.htm

さて、春本番。
新年度のスタートです。
[PR]

by moe-kozue | 2009-04-08 17:52
2009年 03月 18日

眺望を生かした住まい・見学会

f0040270_5244395.jpg
f0040270_5251052.jpg

 ■見学会を行います。
   この住宅は3つのゾーンで構成しています。
   居間・客室ゾーンと食事室・水周りゾーンを
   玄関ホール(吹抜)ゾーンで繋いでいます。
   住まい手の暮らしを反映した、心地よい住宅です。
 
   場所;坂城町
   時間;2009年3月21・22日 10:00~4:00

 ■同時開催
  「住宅セミナー;地産地消の家づくり」
          <下崎建築設計事務所>
    時間;2009年3月21日 13:30~14:30

事前申し込みの見学会+セミナーです
御希望の方は連絡ください。地図をお送りいたします。
時間の都合がつかない方は、相談ください。
[PR]

by moe-kozue | 2009-03-18 05:38
2009年 02月 12日

善光寺宿坊<最勝院>

f0040270_1718373.jpg
2007年竣工・最勝院に行って来ました。
ご報告があって、お伺いしました。
御住職たちとゆっくりお話しました。
建物を大切にして、楽しく暮されていて嬉しく思いました。

今は灯明まつりの最中。
最勝院では、薬師堂特別拝観と喫茶去を開いています。
喫茶去のそば団子入りけんちん汁は大好評な様子でした。
最勝院HP http://www.saisyoin.jp/

まだ、灯明まつりには行っていないので、
この週末行きたいと思っています。
[PR]

by moe-kozue | 2009-02-12 17:14
2009年 02月 10日

「長野県産材でつくる二世帯の家」

f0040270_1044857.jpg

瑞穂木材にて木材の確認をしました。<2009,1,17>
f0040270_1022552.jpg

大工加工の確認をしました。<2009,2,7>

「長野県産材でつくる二世帯の家」
長野市内の住宅街に建設中です。

県産材普及について、
素材生産者・流通などいろいろな課題があり、
グルグル考えを巡らしますが、難しい。
複雑すぎてどこから始めればよいのか。
自分の力はあまりに小さすぎる。
結局、私たち建築士が出来ることは、使い続けること。
選択肢を施主に対し提示していくことだと考えています。

素材は建築の中の一部です。
住まう人それぞれに合わせたプランなど大切のことは沢山あります。
ひとつ、ひとつ積み上げて行きたいです。

f0040270_10221660.jpg

2週間くらい前から、ネコが我が家にやってきます。
朝ごはんを食べていると
ニャー。 ニャー。
魚の残り物などあげていたら、すっかり居心地が良くなった様子。
家の前で日向ぼっこするようになりました。
気持ちよさそう!
[PR]

by moe-kozue | 2009-02-10 10:29
2009年 01月 23日

歩く=体力つくり

f0040270_10105495.jpg

あまりに体力が無いので、朝、歩くことにしました。
ウォーキングというのはなんだか違和感を感じるので、
あえて「歩く」と表現。

さて、約30分自宅から山のほうへ歩いていきます。
歩くたびに体の中から、ポカポカ沸騰してきて、
とっても気持ちが良い。

10分も歩けばすっかり山の中。
落ち葉・雪の上を足をとられつつも進みます。

メーーー。メーー。

何かいるぞ!
f0040270_1092654.jpg

羊さんだ!
これは驚いた。
民家など無いと思っていたのに、家もある。
羊もいる。ヤギもいる。鶏もいる。
面白いじゃないですか。
ん?
お稲荷さんもある。古墳もある。
なかなか奥が深そうな場所だなぁ。
歩く探索はまた。
朝の日課が楽しくなりそうです。
これなら続けられるかも・・・
[PR]

by moe-kozue | 2009-01-23 10:23
2009年 01月 21日

布引観音

f0040270_11154896.jpg

小諸市・布引観音に行ってきました。
週末、スキーに行くのをやめて、さて、どこに行こうか・・・
久しぶりにドライブにでもと思ったものの、行き先が無い・・・・
また、小川村というのも新鮮さに掛ける。
んーーーー。
布引観音に行こう!ちょうどそちら方面に用事もあることだし。

「牛に引かれて善光寺詣り」
牛に化身して、強欲な婆さまを善光寺に連れていき
改悛させたという布引観音様

駐車場から結構急な山道を登る。
途中、滝があったり、牛岩?があったりと楽しみながらゆっくり上がる。
断崖絶壁に建立された観音堂は迫力があって美しい。
観音堂の床の隙間から下を覗くと、本当に大丈夫なのかと怖くなる。
国宝から重要文化財に変更?はてそんなことがあるのか・・・
岩と化した布も、崖の中にあることを少し離れたところから確認。
ちょっとした小旅行気分で楽しみました。
近くにもまだまだ楽しめそうなところがあります。

ん・・今年は丑年。
[PR]

by moe-kozue | 2009-01-21 11:38
2008年 05月 13日

黄金分割

f0040270_14564976.jpg

五芒星、薔薇、オウムガイ・・
1.61803・・・・・Φ
なんとも、魅力的な数字だ。

美しさとは何処からやってくるのだろう。
何を感じているのだろうか。
黄金比。

大学の卒業論文の課題を黄金分割にしようと思ったけれど、
教授にあまりに大きすぎるし、意味を成さない、といわれて断念。
ま、ここであきらめるくらいの思いだったのだろう。
論文を書くことの意味を理解していなかったのだろう。

今になって、黄金分割というキーワードが落ちてきていて、
興味のまま言葉を拾っている。
数字が並ぶとなんだか、眠たくなっても来るけれど、
興味の向くまま、ゆっくりと知ろうと思う。
ただ、知ることだけなんだろうなぁ。

卒業課題は結局、火葬場を卒業設計にしました。
敷地設定は神奈川県。
なぜ、そんな方向に向かったのかなぁ。
知りたいと思っていたのでしょうね。

ということで、いろいろなものを見に行こうと思っています。
興味の対象はあちらこちら。
[PR]

by moe-kozue | 2008-05-13 15:12
2008年 02月 26日

河野道勢

f0040270_17235680.jpg


 今日も天からの声が聞こえた。
 木をかくこと、神が私に
 そういうことを命じなさった。

 藝術の原泉
 泉は奥深き山にある。未開な地に
 ある。それを都人は、普通、田舎と
 云っている。彼等は泉が田舎に在
 るのを知らずして。

画家・河野道勢が自身のスケッチブックに残した言葉です。
裾花川のほとりにある川柳のスケッチを数多く残し、
細部を繊細に、動きのある表現で描いています。
木から精霊に変化させた様な世界です。

裾花川は我が家から一番近い川、毎日渡る川。
鴨がいたり、魚が泳いでいたり。
道勢が描いた川柳があるところ。

今度、ゆっくりと散歩でもしてみようと思っています。
写真は、まだきちんとしたものが無くて、
川面が綺麗だったので写した千曲川。
[PR]

by moe-kozue | 2008-02-26 17:35
2008年 02月 05日

私が一番衝撃を受けた建築。

f0040270_16134779.jpg

スイスのドルナッハの丘に第二のゲーテアヌムは建っていました。

大学の卒業旅行でヨーロッパの建築を見て周りました。
そのときに初めてシュタイナーの建築を見ました。
丘全体が柔らかな皮膜に覆われているかのような空気感があり、
建物に入ると「ここに戻りたい」という感情に落ちました。

外にで出ると近くに住んでいるであろう親子がいました。
とてもかわいらしい女の子で、手を伸ばしました。
触れているのに感覚が無い。
隔たり。
そちら側に行きたいのに、行けない。
とても、変な感覚でした。

建築の力を始めて体感しました。
突き詰めて行きたいと思いました。
数学や物理学や何事も突き詰めた先には、
同じものが見えてくるのかもしれません。
クォークみたいなものなのかなぁ。
旅の途中といった感じです。
[PR]

by moe-kozue | 2008-02-05 16:26