萌建築設計工房

moea.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建築( 58 )


2012年 04月 25日

田畑と共に暮らす家|改修 麻績村 植栽

f0040270_5224431.jpg

西日防止のための植栽をしました。
メインにシャラ、添え木に、楓の出猩々(デショウジョウ)としました。

f0040270_5342749.jpg

北側の目隠しには、ソヨゴのメス、キンモクセイ、アオキなど
緑が入ると、とっても気持ちよい。
住宅もぐんと良くなります。

予算も限られていたことから、園芸店にお施主さんと一緒に苗を買いに行き、
施工者に手伝って頂きながら、みんなで植えました。

建築は敷地全体の計画も大事なので、
駐車場、外物置、駐輪場、植栽計画など必要に応じて計画します。

芽吹きの季節、葉っぱの変化が楽しみです。
[PR]

by moe-kozue | 2012-04-25 05:46 | 建築
2012年 04月 13日

田畑と共に暮らす家|改修 麻績村

f0040270_5391722.jpg

お父さんが建てた思いのこもった住宅の改修工事です。
昨年、内部の改修は完了していますが、
外壁の塗装と植栽工事をを4月に行っています。

既存の構造を見据えながら、住まい手の暮らしやすいプランに改修。
不要な部分は減築し、必要以上に手を加えず、予算を抑えながら、
暮らしやすい、体にやさしい住まいとなりました。

改修工事もプランがとても大事だと思っています。
基本設計で納得がいくまで話しました。

住まい手の体に負担がないように、
冬の寒さ対策として、断熱はきちんと施し、
暖房もパネルヒーターによる輻射熱暖房としました。
改修時の断熱で大事になるのは窓回りです。
樹脂サッシ+アルゴン入りLoweガラスとしています。

西日対策として、落葉樹を西の庭に植えます。
さて、何を植えるか検討中!

プラン・水周り・断熱改修
バリアフリー化<介護保険補助>
耐震改修 <木造耐震補強補助>
[PR]

by moe-kozue | 2012-04-13 06:01 | 建築
2012年 04月 12日

大内宿

f0040270_23161838.jpg

福島県南会津郡下郷町大字大内にある旧宿場。
重要伝統的建造物群保存地区

すばらしい!
こんなに連檐している茅葺屋根ははじめてみました。

茅葺と言えば白川郷が有名ですが、
点在しているものとは違う、力強さがあります。

よくぞ、今まで残っていてくれました。
そして、住まいながらと言うから、さらにすばらしい。

観光客がまばらな、4月2日の朝、早い時間に行きました。
店先で、お茶を頂きながら、店主の方にまちの成り立ちやら、
保存のことやら、いろいろなお話をお聞きしました。
まちづくりはじっくりと話すことから始まるのだとおもいました。

f0040270_958308.jpg

景観
昔は素材が、木・土・紙と限られていたので、
おのずと建築が揃った景観が形成される。

今は、いろいろな素材が溢れている。
自由に素材を選び、自由なかたちでつくる。
昔ながらの街並みを守り続けるのはとても大変なことだと思う。

大事なことは、「本物」であること。
時間の経過と共に、風合いを醸し出せるものつくり。

歯抜けになってしまったまちは、いたるところで見ることができる。
古い建物は壊され、駐車場になるケースが多く見られる。
さて、ここからまちをどのように整えるのか。
古い建築はきちんと残し、
新しくつくられる建築と、壊された後の土地をどのようにつくっていくかになる。
もっと、考えてみよう。
[PR]

by moe-kozue | 2012-04-12 00:00 | 建築
2012年 03月 29日

善光寺 本覚院庫裡新築工事竣工

f0040270_17103875.jpg

いよいよ引渡しです。最後の確認に行きました。
善光寺界隈ということもあり、景観に溶け込むように計画しました。
んーー、手続きなどいろいろと大変でした。
御住職をはじめ皆様にご協力していただき完成です。

f0040270_17214726.jpg
f0040270_1732192.jpg

3階建、狭小住宅で階段を中心に部屋を配したプランです。
とても心地良い住まいになったと思います。
ありがとうございました。
[PR]

by moe-kozue | 2012-03-29 17:28 | 建築
2012年 02月 29日

蓮華王院本堂 三十三間堂

f0040270_10171170.jpg

2月17.18日に全国女性建築士連絡協議会 京都大会 が開催されました。
今回で最後の大会になるかも、ということで、長野県から役20名ほどで参加しました。
タイトなスケジュールで、大会のプログラム以外に時間が取れなかったのですが、
「蓮華王院本堂 三十三間堂」のみ拝観することができました。

後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂で、
東向きに南北に伸びるお堂の内陣の柱間が33あることから「三十三間堂」といわれ、
本尊は千手観音だそうです。

堂内中央に本尊千手観音坐像を安置。
左右に階段状の仏壇があり1,000体の千手観音立像が各10段50列に並ぶ。
千手観音立像は本尊の背後にも1体あり、計1,001体並んでいるそうです。

千住観音立像が並んでいらっしゃる様は、迫力があり、壮観です。

こんなに長い(121m)建物が、地震にどうして耐えたのか。

基礎に秘密がありました。
版築です。
土と砂を層状に堆積させて、地下の地震力を吸収するように施されていました。
なんとも、すばらしい。
先人の知恵に学ぶことは、まだまだ膨大にありますね。
[PR]

by moe-kozue | 2012-02-29 10:36 | 建築
2012年 02月 16日

ル・コルビュジエ|国立西洋美術館

f0040270_17271010.jpg

見てきました。
やはり、すばらしいですね。
ル・コルビュジエといえば、近代建築の三大巨匠のひとり。
近代建築の五原則<ピロティ、・屋上庭園・自由な平面・水平連続窓・自由な立面>を
ドミノシステム<鉄筋コンクリート造の柱・床・階段による構造>で実践しました。
そして、モデュロール。

f0040270_17452934.jpg

建物の中心にあるホール
独立柱、トップライト、バルコニー
スロープを歩く動作により、シークエンスを積み上げ、
作品に出会うシーンをさらに高める。

f0040270_17505849.jpg

ホールを中心にとり巻くように配された、展示フロアー。
二つの天井高、中三階、照明ギャラリー
時代に風化されない、むしろ先端を感じる空間構成です。

学生時代、とても印象的な建築はゲーテアヌムでした。
建築そのものというより、生み出される空間・空気が別物。
そのころの思いがよみがえります。
エネルギーが沸きます。

f0040270_182839.jpg

ちなみに絵画はクロード・モネの「柳」がよかった。
撮影禁止でしたので、この写真は「セーヌ河の朝」といものですが、
柳の力強さと、水の深さがすばらしかったです。
[PR]

by moe-kozue | 2012-02-16 18:08 | 建築
2012年 02月 13日

白井 晟一| 善照寺本堂 (東京都台東区)

f0040270_5464554.jpg

週末は東京散策。
善照寺本堂 を見てきました。

f0040270_5472365.jpg

1958年の白井晟一の52歳の作品。
最高傑作とも言われています。

東京に住んでいたのに見たことがなかった。
細い路地を抜けると、正面にシンメトリの本道が見えます。
緊張感のある空気が流れています。

f0040270_547598.jpg

f0040270_5482212.jpg

浮いた階段、浮いた回廊、浮いた天蓋
重さと浮遊。
なんだろうなぁ。
この重さがすばらしい。
[PR]

by moe-kozue | 2012-02-13 05:45 | 建築
2012年 02月 06日

信州の木活用促進事業 完了検査

f0040270_11544116.jpg

県産材利用率50%以上、10㎥以上を利用するなどの基準を満たすと、
使用量に応じて、補助金が出されます。

この住宅は、柱は杉、横架材は唐松を利用しています。
近くの山の木で建築を作ることが、山の健全化につながる。
かつては、当たり前のサイクルを、
今は意志を持って行わなければならなくなりました。

使い続けて、山を元気にしよう!
ということで、検査を受けました。
[PR]

by moe-kozue | 2012-02-06 12:05 | 建築
2012年 02月 02日

植栽を見に行きました。

f0040270_956691.jpg

12月に竣工した住宅の庭に植える、
樹木を見に行きました。

建築に緑があると、住む人にとっても、まちにとっても、
潤いが生まれてとても気持ちがよい。

設計をするときは、建築だけでなく、敷地全体を計画するので、
駐車場、駐輪場、外倉庫、そして植栽も計画します。

今回は雪が解けて、芽吹く前に木を植える予定です。
そこで、お施主さんと一緒に木を見に行ったのですが、
この大雪。とっても大変でした。(笑)
けれど、木々が庭に入ることを想像しながら見て回るのは、
とっても楽しい。
今から、雪解けが楽しみです。
[PR]

by moe-kozue | 2012-02-02 10:06 | 建築
2011年 07月 17日

アイランドキッチンと吹抜のある家 上棟

f0040270_1204268.jpg

上棟式を行いました。
クレーンが入ってから3日目。
棟が上がりました。

スケルトンの時、建築が美しく輝くときです。
登り梁、手刻み、県産材・・・
程よい緊張感が現場に流れます。

何もない更地の状態から、
新しい空間が生まれる。
すごいことです。

生活する器として、より良いものになるように
完成までみんなで力を合わせて進みたいと思います。

みなさん、お疲れ様でした。
おめでとうございます。
[PR]

by moe-kozue | 2011-07-17 01:31 | 建築