萌建築設計工房

moea.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 26日

家庭菜園

今朝、庭で収穫した二十日大根をいただきました。
甘くて、おいしかった。

f0040270_99375.jpgf0040270_910848.jpg










この写真、何かおかしいでしょ。

今年3月に、一戸建に引越してきて、小さいけれどお庭があったので、
ここに野菜を植えようと、春に固い土をおこして,
肥料を混ぜて、畝を作り、
えんどう豆、トマト、にら、三つ葉など植えてみました。
はじめは元気だったのに、だんだん元気が無くなって、
一週間ほどで全滅。
なんでーー。とほほ。
大家さんに聞いてみると、除草剤を撒いてあるとのこと。
ガーーン。
そうか、そういえば雑草が生えてこないなぁ。
早く気が付けばよかった。
とほほのほ。

野菜作りは諦めきれず、プランターを大量?購入。
再度、野菜作りに挑戦です。
きゅうり、トマト、えんどう豆、にんじん、パセリ、ひまわりなど
これが結構難しい。
プランターではダメなのかも・・・・
けれど、何とか水くれを怠らすにがんばってみます。

お庭に植物がが無いのは寂しい。
雑草が生えてくると、なんだかうれしくなります。
早く、土壌が浄化してくれて、
「草取り大変だー」と言ってみたいものです。
[PR]

by moe-kozue | 2007-06-26 09:28
2007年 06月 18日

東京家政学院大学

大学1年生に向けた、基礎ゼミで話をしてきました。
f0040270_6105469.jpg


卒業以来、大学には行っていなかったので、どんな感じだろうと興味深々。
最寄り駅はとても田舎だったのに、お店が増えていたり、駅舎が新しくなっていたりと、
少し、都会的な?感じになっていました。
大学は20年ぶりくらい。随分と古くなった印象を受けました。

大学一年生は私が大学に入学した時分に生まれた人たち、若いです。
学生のひとたちは、どんな風に話を受け止めてくれるのだろうと、
思いながら話を始めると、みんな真剣なまなざしで聞いてくれて、
若者の熱を感じることが出来て、安心しました。
志はとても大事です。
住居学科は、目標が比較的明確なので、
私たち卒業生の今を感じ取ってもらうことが、
彼女たちの何らかの道しるべになることを願っています。

講義を終え、彼女たちから感想文を頂きました。
とても素直かつ真剣な文面で、これから進むであろう明るい未来を想像できました。
感性を磨いて道を切り開いていってほしいですね。

f0040270_6111627.jpg

                               帰路の新幹線の車窓からの風景。
■ カワ
私は世界を、自分の存在する場所を、カワの一部として捉えて暮らすようになりました。
このカワは、果てしなく網の目状に続き、時に支流が何本も重なり大河になったり、
大河が水脈を得ることができず枯れてしまったり、常に流れは変化を続けます。
カワは限りなく透明に近く澄んだり、淀みにはまり濁ったり、
縦にも横にも多様な世界が広がります。そこには上も下もない、善も悪もありません。
存在のみの世界です。
揺るぎない確信を持って思うのは、自身の力で流れは変えられるということです。
行きたい場所を思い描けば、足を踏み出せば、
必ず流れは、自分の願う場所に誘ってくれます。
道は必ずここにあります。
                             家政学会誌に掲載した文の一部です。

すべての出会いに感謝します。
[PR]

by moe-kozue | 2007-06-18 06:02 | 建築