萌建築設計工房

moea.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 21日

カーボンニュートラル

カーボンニュートラル

NEDOによると・・
<カーボンニュートラルとは、
植物は燃やすと化石燃料と同様に二酸化炭素を排出しますが、
成長過程では光合成により大気中の二酸化炭素を吸収するので、
収支はプラスマイナスゼロになる、という炭素循環の考え方のことです。>

木材や糞などを電気やエタノールなどのエネルギー(もちろん蒔きとして利用もいいですね)が、
もっと実用化されたら本当にすばらしいことだと思います。
ペレットストーブなどは実用化されている身近なエネルギーなので、
できる限り利用していきたいものです。
ただ、バイオマスエネルギーの生産過程の中で、
木材の切り出しや、搬送、加工など、間違いなく化石燃料が使われています。
この化石燃料使用をなくすことはとてもむずかしい。
ならば、なるべく少なくすむようにしていきたいと思いますね。
搬送エネルギーを減らすことが一番。

「地産地消」
すべてにおいて、地産地消を心がけていきたいと思います。

f0040270_03206.jpg


建設地の近くの山の木を切って、自然乾燥し、家を造りました。
伐採の様子です。
[PR]

# by moe-kozue | 2006-02-21 23:25 | 環境
2006年 02月 18日

片口

ヤマナカモエギ
片口とお猪口です。

f0040270_17291396.jpg

かわいらしくて思わず購入してしまいました。
これでお酒をゴクリと飲んだら、気分も上々。
カタチあるものは楽しいですね。
[PR]

# by moe-kozue | 2006-02-18 17:33 | 日頃の出来事
2006年 02月 17日

富士山

富士山に感動。
将来は富士山を一番感じる場所に住みたい!
f0040270_23515778.jpg

FUJIYAMA MUSEUM に行ってきました。
富士山の絵画のみを展示してある美術館です。

長野県に生まれ育つと、どうも富士山という山になじみがない。
けれど、澄み渡り、天に突き抜ける真青な青空の下に、
聳え映える富士山はとても美しく、心に落ちてきました。
自然が造り出した最高の美しさに感動。
自分の中心にコトンと富士山は座りました。
本質に近いところに富士山はいるんだなーと思っています。

ん?
そうだ、美術館もとてもすばらしい建築でした。
プランニング・ディティールなどすっきりとまとめられ、
建物が主張しすぎず、心地よく絵画を見れる空間となっていました。
絵画を見てから富士山を見ると、違う富士山が見えてきます。
ん------.やっぱり、ザ・日本人。
[PR]

# by moe-kozue | 2006-02-17 23:59 | 建築
2006年 02月 06日

Goetheanum (バーゼル近郊)

Goetheanum (バーゼル近郊)
[PR]

# by moe-kozue | 2006-02-06 16:42
2006年 02月 05日

こころ+からだ=体

近所にある自然食品を扱うお店に足を運んだ。
お店の方とすっかり話しこんだ。
「何かお勧めの本はありますか?」
「上野圭一さんのは面白いよ」
一冊、本を手に家に帰った。

この本の内容をすごく簡単に言うと、
心と体をひとつとして本当の「体」と考えるということが書かれている。

私が今まで見た建築の中で一番心を動かされたものは、
21歳の時に訪れたシュタイナーのゲーテアヌム。

ゲーテアヌムは丘の上に建っていました。
バスに揺られ丘をあがる道中、まちの空気感が変わり、
違うステージに吸い込まれるようでした。
バスを降り、目の前にゲーテアヌムを見ました。
目の前の圧倒的な暖かさを纏ったその建物=場はズドンと心を揺すります。
「ここに戻りたい。」そんな思いを抱きます。
けれど、私とそこの間には越えれない何かが存在していて、触れていても、その場にいても私はそこにある真の空間には入っていないことに気づきました。
何でだろう。

人智学を読めばなぞは解けるのかと、本を開いては見ても、さっぱり解らない。読めない。
上野さんの本は心と体を解りやすく解説していました。もつれた糸がスーと解けていきました。
本来の「体」を知ることで、ここに存在する深さを知るきっかけとなりました。

んーーー、今一度本を開いてみたけれど、だいぶ忘れているなぁ。
また、ゆっくり読んでみよう。
[PR]

# by moe-kozue | 2006-02-05 14:55 | 思い
2006年 01月 21日

新年会

飲み足りないかなぁ
お酒好きな私としては、まだのみたいかも・・・・

私の生活スタイルは安定をしないのですが、
基本的には仕事が忙しいときには、朝早起きして仕事をしています。
夜は6時には仕事をやめて、プライベートぞーーんに入ります。
そして、忙しさにあわせて、10時には寝て、朝早く起きます。

早起きをすると三文の徳なんていいますが、私には理解できません。
あ、けれど電話が来ないのは良いかな。
朝は、ぬくぬくした布団の中で、思い存分寝るのが一番!

けれど・・・・・
私は仕事が好きです。
この仕事に就けて本当に幸せだと思っています。
この環境に身をおけることが嬉しいです。

んーーーー。
思考回路がおかしいな。

この辺で・・・
[PR]

# by moe-kozue | 2006-01-21 00:06
2006年 01月 17日

無添剤石鹸

これから、我が家は無添剤石鹸のみ使用してみよう。
f0040270_1434455.jpg

家の中にある合成洗剤を集めて、納屋に入れまた。
日ごろ、いろんな洗剤を使うのがいやであまり持っていないと思っていたが、集めると結構いっぱいあるもので、買い物袋いっぱいになった。

数年前から髪を洗ってもすぐに頭がかゆくなった。それほど強いかゆみではなく、自分で言うのもなんだが髪の毛も艶があり健康そのもの!なのでさほど気にはしていなかった。

サラダを作ろうと思ってレタスを洗い、ザルにあげた。食事までには時間があり、布巾をかけて窓辺に置いておいた。盛り付けをして食べようと、下ごしらえの済みのレタスをみてびっくり、切った所が茶色く変色している。間違いなく新鮮なレタス。なぜ?「買ったサラダはいつまでたっても美味しそうにしゃっきり変色もしない。のになんで?」待てよ!変色して当たり前だ。変わらないほうがおかしくないのだろうか・・・

東京に久しぶりに行った。なんとマスクをしている人が増えたことか。
大人から小さな子供までもマスクをしている。異様な感じがした。

設計の仕事をしていると、クライアントにアレルギーの方が多いのに驚かされる。
「アレルギーの出ない家にしてほしい。」できる限り無垢材を使い、自然塗料を使用している。
私の頭皮のかゆみはシャンプーが合わないのではと思い始めた。洗っても洗ってもかゆみが収まらないときがあったからだ。

シャンプーボトルをひっくり返してみる。成分表示を見てもさっぱりわからない言葉が書いてある。んーー。なんだかわからないがきっと髪にいい成分なんだろう。合成洗剤をひっくり返す。界面活性剤47%・・・・・・・・ん?界面活性剤?????言葉は耳にするが、何のことだかまったく知らない。ネットサーフィンしてみるとなんだか怪しげな物質だということに驚かさせられた。本を読むと危険性が怖くなった。
そして、界面活性剤はありとあらゆるところに原料として使われていることにも驚かされた。界面とは気体・液体・固体が接する境界面のこと。界面活性剤とは界面の性質を変える効果の大きい物質のこと。なじまないものをなじませる物質地球の表面は70%が水。人も70%が水分。

次世代にきれいな地球を受け継ぐために、汚染となる物質の使用をやめたいと思う。石鹸は一日で水と二酸化炭素に分解されて、石鹸かすは微生物の栄養源になり、生態系にリサイクルする。一方、合成洗剤は分解されにくく、水中の微生物を殺してしまう。海・川・湖の汚染の原因となり、水道水にトリハロメタンという発癌性物質が発生している。

私は純粋にきれいな自然を残したいと願う。だから、まず無添剤石鹸をつかうこととした。 洗剤も、食器洗い洗剤も、シャンプーも、洗顔剤も、みんな無添剤石鹸に変えた。私の頭皮のかゆみが消え、肌もしっとり艶やかになれば、自分自身こころから無添剤石鹸が環境と人にやさしいと実感できる。結果が楽しみ。ただ、すべての情報をを鵜呑みにするのも変な話なので、もっと勉強していきたいと思っています。 
生活や建築造りから地球環境にやさしいことを、もっとしていきたいと思っています。
[PR]

# by moe-kozue | 2006-01-17 14:35 | 環境
2006年 01月 16日

はじめの一歩

f0040270_9282535.jpg
今年も力強く歩みましょう。
ブログで日常の思いを綴っていきます。
感じることが多いほど、豊かな毎日。
[PR]

# by moe-kozue | 2006-01-16 09:31