人気ブログランキング |

萌建築設計工房

moea.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建築( 58 )


2007年 09月 21日

捨コン

f0040270_10382196.jpg

高田の住宅の現場が本格始動です。
大工さんと木加工の打ち合わせをして、現場の確認をしてきました。
掘削を始めて、基礎工事に入るときは、
楽しみと程よい緊張感が体をめぐります。
検討することは沢山あり、大変なこともありますが、
納まりなどを考えるのは、結構楽しいものです。

小さな町工場を営む家庭の末っ子で育った私は、
働くこと=モノをつくる
そんな思いが染み付いています。

f0040270_10471624.jpg

まちのお祭りありました。
裾花川から山の上の諏訪神社まで、
ゆっくりと下から上へと場所を変えて、
花火を打ち上げます。
自宅のすぐ側で打ちあがるので、
ズームで撮らなくても、フレームから花火がこぼれてしまいます。
ドーンと底から鳴り響く火薬音と共に、
秋?の夜を楽しみました。

by moe-kozue | 2007-09-21 10:57 | 建築
2007年 06月 18日

東京家政学院大学

大学1年生に向けた、基礎ゼミで話をしてきました。
f0040270_6105469.jpg


卒業以来、大学には行っていなかったので、どんな感じだろうと興味深々。
最寄り駅はとても田舎だったのに、お店が増えていたり、駅舎が新しくなっていたりと、
少し、都会的な?感じになっていました。
大学は20年ぶりくらい。随分と古くなった印象を受けました。

大学一年生は私が大学に入学した時分に生まれた人たち、若いです。
学生のひとたちは、どんな風に話を受け止めてくれるのだろうと、
思いながら話を始めると、みんな真剣なまなざしで聞いてくれて、
若者の熱を感じることが出来て、安心しました。
志はとても大事です。
住居学科は、目標が比較的明確なので、
私たち卒業生の今を感じ取ってもらうことが、
彼女たちの何らかの道しるべになることを願っています。

講義を終え、彼女たちから感想文を頂きました。
とても素直かつ真剣な文面で、これから進むであろう明るい未来を想像できました。
感性を磨いて道を切り開いていってほしいですね。

f0040270_6111627.jpg

                               帰路の新幹線の車窓からの風景。
■ カワ
私は世界を、自分の存在する場所を、カワの一部として捉えて暮らすようになりました。
このカワは、果てしなく網の目状に続き、時に支流が何本も重なり大河になったり、
大河が水脈を得ることができず枯れてしまったり、常に流れは変化を続けます。
カワは限りなく透明に近く澄んだり、淀みにはまり濁ったり、
縦にも横にも多様な世界が広がります。そこには上も下もない、善も悪もありません。
存在のみの世界です。
揺るぎない確信を持って思うのは、自身の力で流れは変えられるということです。
行きたい場所を思い描けば、足を踏み出せば、
必ず流れは、自分の願う場所に誘ってくれます。
道は必ずここにあります。
                             家政学会誌に掲載した文の一部です。

すべての出会いに感謝します。

by moe-kozue | 2007-06-18 06:02 | 建築
2006年 12月 20日

長野県認証材の合板工場見学

長野県認証材の合板工場見学に行ってきました。
f0040270_940484.jpg

富山県の七尾市というところにある、林ベニヤ産業株式会社です。

木材からローリング(桂剥きみたいに)して5ミリ程度に薄く削いでいき、
それを、奇数枚数を繊維方向を交互に変え、重ねてコールドプレス、ホットプレスして、
合板に仕上げていきます。

合板は建築建材として多く使われますが、
どのような製造過程で作られるか見たことがありませんでした。

今回、県産材での認証材として合板が認定されたとのことで、
是非、自分の目で見たくて、行ってきました。

機械の性能が向上されたことで、細い間伐材も薄く削ぐことが出来るようになり、
外材に頼らない合板作りが可能になりました。

海外での森林伐採は環境を壊しているものもあり、
国内の計画伐採での間伐材が有効利用されることを願います。
切り捨て間伐が少しでも減るようになれば良いですね。

追伸、工場内は人力での作業工程が多く、驚きました。

by moe-kozue | 2006-12-20 09:55 | 建築
2006年 03月 24日

趣味を愉しむのびやかな家

もうすぐ完成。
f0040270_95237100.jpg

増築工事のため、純和風の既存住宅になじむように、
新しいデザインを決めている。
腰は杉板に濃い塗装。
上部は白。
既存の色をモチーフに決めている。
落ち着いた良い家になりました。
内部の珪藻土もシックにまとめています。

by moe-kozue | 2006-03-24 09:57 | 建築
2006年 03月 20日

懐かしい街角

辰野町の商店街に懐かしくかわいい建物発見。
f0040270_2121129.jpg

車で町を走っていると、
目を惹かれる建物発見。

喫茶とお食事。
もし、お店がやっていたら、入ってみたくなる。

なんとも、絶妙な愛嬌をかもし出しているファサード。
こういった建物は残ってほしいものです。

目を開いて、まちを歩くと、
小さくて、キラキラした発見があって、
とても、気持ちが良いです。

by moe-kozue | 2006-03-20 21:06 | 建築
2006年 02月 28日

傾斜地に建つ家

傾斜地に建つ家
f0040270_10352885.jpg

傾斜地を利用して、中二階レベルに玄関をつくり、
半階上がって2階にリビング、
半階下がってプライベートゾーンとしています。
2階からの眺めは最高で、
菅平など山々がパノラマで見えます。
広く取ったテラスでバーベキューしたら気持ちよさそう。
完成が楽しみです。

by moe-kozue | 2006-02-28 14:28 | 建築
2006年 02月 24日

スッキップフロアの家

祝、上棟。
f0040270_420524.jpg

架構の姿はとても美しいです。
線だけで構成されるカタチは、
建築の完成するまでの間でとても大好きな造形です。

骨組みができ、完成が楽しみになりました。
んーー、建築は面白い。

by moe-kozue | 2006-02-24 04:08 | 建築
2006年 02月 17日

富士山

富士山に感動。
将来は富士山を一番感じる場所に住みたい!
f0040270_23515778.jpg

FUJIYAMA MUSEUM に行ってきました。
富士山の絵画のみを展示してある美術館です。

長野県に生まれ育つと、どうも富士山という山になじみがない。
けれど、澄み渡り、天に突き抜ける真青な青空の下に、
聳え映える富士山はとても美しく、心に落ちてきました。
自然が造り出した最高の美しさに感動。
自分の中心にコトンと富士山は座りました。
本質に近いところに富士山はいるんだなーと思っています。

ん?
そうだ、美術館もとてもすばらしい建築でした。
プランニング・ディティールなどすっきりとまとめられ、
建物が主張しすぎず、心地よく絵画を見れる空間となっていました。
絵画を見てから富士山を見ると、違う富士山が見えてきます。
ん------.やっぱり、ザ・日本人。

by moe-kozue | 2006-02-17 23:59 | 建築